» 未分類のブログ記事

地球環境

| 未分類 |

最近地球環境を良くしようとする運動が全国的に広まり、エコ活度をされている方が増えてきています。僕も環境問題にはとても興味があり、普段の休みの日には海か山へ遊びに行くので自然を大事にしていきたいと思っているので、個人で出来る事はしていっています。そして、東日本大震災後原発停止などで、全国的に電力不足になり、節電の呼び掛けがあり、僕も使っていない電化製品の電源コードを抜いたり、自宅の電球などをLED電球に交換し出来る限りの節電をしていっています。無駄に電気を使わないと言う事は、環境にも優しいし、無駄な電気料金を支払う事もなくなるので経済的にもなるので今後もしていきます。最近では家庭で電気を作れる太陽光発電などを設置している家庭も増えてきて、徐々に太陽光発電の効果が出てきています。太陽光発電は自然の力で電気を作る素晴らしいシステムで今後各家庭に設置していく人も多くなるし、国からも補助金など出てくるので素晴らしいです。最近では太陽光発電を取り扱う会社など沢山増えてきて、比較などが出来る世の中になり便利になったと感じています。この夏など特に全国的に、深刻な電力不足になると言われてましたが、僕の住んでいる街では計画停電になる事もなく、皆さんの節電や太陽光発電の効果のおかげだと感じます。

 

 

今後も太陽光発電の効果を感じて素晴らしい世の中を作っていき、子供たちに明るくて快適なせ活を送れるようにしていく必要があります。

コストの面から一目瞭然

| 未分類 |

国家的に使うにしろ、家庭に導入して使うにしろ、太陽光発電の必要性はコストパフォーマンスから考えたときに一目瞭然となります。原子力発電が使えなくなったと仮定したとき、一番最初にその代替として候補にあげられたのは火力発電でした。火力発電は、稼働率を高めれば原子力には及ばないもののそれに近いエネルギーを生み出せるとわかっていたからです。しかし、それは現実的な問題として出来ないということも事実としてわかっています。火力発電の一番の問題点は、資源の問題なのです。日本には全くと言って良いほど資源がありません。では、その資源をどこから持ってくるかと問われれば、外国に頼るしかないとしか返答できなくなります。実際、外国に頼った資源導入を試みた2011年から2012年の間で、なんと数千億円もの貿易赤字をたたき出してしまいました。これは戦後、60年以上もずっと守り続けた貿易神話の崩壊で歴史的な大打撃となってしまったわけです。そして、その負担を強いられているのが日常生活を送っている日本国民なのです。このような流れで、外国に資源依存することがいかに恐ろしいかということを理解した専門家の方々が、ようやく太陽光発電の必要性に気づいたわけです。

 

 

太陽光発電のエネルギーは自然から貰う再生可能エネルギーです。つまり、資源に関する不安がまるでありません。しかも、この太陽光発電は一般家庭にも容易に導入でき、今以上の効率的な発電システムが開発されれば、毎日の電気料金が全て無料になる、などという夢のような話も現実となるかもしれないのです。太陽光発電の必要性については、現在では疑う余地もありません。この発電システムの向上こそが、国民をより豊かにする素晴らしい方法なのです。

発注から設置までの期間

| 未分類 |

太陽光発電を導入するということはかなり大きな存在です。ご家庭としましても一大決心になっていく可能性も高いです。大きなお金もかかりますので、費用の面でもご家族での話し合いになることが多いでしょう。そこでそのような太陽光発電の設置なのですが、太陽光発電の重要ポイントとしましてしっかりと知っておくべき部分があります。それはどういった部分かと申しますと、太陽光発電の重要ポイントとしての発注から設置までの期間というものです。やはり発注からどれくらいの期間で設置していけるのか、ということは気になるでしょう。少しでも早く設置をしていってもらいたいと思っている方も多いです。その太陽光発電の重要ポイントとしての発注から設置までの期間なのですが、もちろん設置するような業者によりましても違いがあります。ただし、基本的な時間ということもあらかじめわかるようになっています。それはだいたいなのですが、発注から設置までは1カ月ということがいわれています。ですので、すぐに設置してもらえるようなわけではない、ということは知っておくべきでしょう。もちろんそれ以上かかるケースもあります。太陽光発電システムに興味がある方も多いですので、やはり予約がいっぱいで時間がかかってしまうケースもあるようになっているというわけです。前もって、業者さんの方に問い合わせまして、どれくらいの期間で設置までできるのか、ということを聞いておくのもよろしいでしょう。

 

 

それぞれのご家庭にそれぞれの予定がるものです。工務店などとしっかりと話し合っておくのも、導入をしていく太陽光発電の重要ポイントになります。

ソーラー発電の必要性について

| 未分類 |

近年、ソーラー発電を取り入れた建物がどんどん増えています。日本に限らず、世界的に言えることですが、人類は石油や天然ガス等をエネルギー源として大量に使用してきました。太陽エネルギーにより約2億年かかって蓄えられた、この化石燃料を、今後200年以内に使いきろうとしています。また、地球温暖化の原因でもある温室効果ガス。これは化石燃料の使用による、排出ガスが原因のひとつです。問題は、化石燃料の枯渇だけでなく、化石燃料を燃やすことによって生じる二酸化炭素や硫黄酸化物の増加により、地球環境の危機にまで広がっています。そういった状況が叫ばれる中、ソーラー発電の必要性が世の中に広がっていったのです。ソーラー発電の必要性は言うまでもありませんが、現時点の問題として、ソーラー発電の導入にはかなりの費用がかかるのも事実です。実際に見積りを出してみて諦めてしまう人たちも少なくありません。

 

 

しかし、ソーラー発電の導入に向け、国からの補助金制度が設けられています。また、各メーカーも企業努力を重ね、少しでもたくさんの建物にソーラー発電の設置が可能になるよう、働きかけています。実際にソーラー発電の必要性を感じ、設置を決めた人たちは、とにかく電気代の下がり方に驚かれると言います。もちろん自家消費を上回った発電電力は、電力会社へ売ることも可能です。夜間や雨の日は通常通り電力会社から購入し、上手に電気と付き合っていくことが可能です。

照明の電源としてのソーラー発電の効果

| 未分類 |

ソーラー発電の効果を引き出すにはLED照明の電源として使用することが考えられます。LEDは消費電力が少なく、点灯させるための電圧も白色LEDで3V程度なので、ソーラー発電で点灯させるのには適しています。最近ではLEDもだいぶ明るくなっていますので、さまざまな利用法方があり、ガーデンライトなどソーラー発電と組み合わせて販売している商品も比較的安価で売られています。照明として利用する場合は、当然ですが夜間に利用するので、ソーラー発電の効果がない時間帯です。よって日中帯に発電した電力をバッテリーや充電池に充電する必要があります。ただし、ほとんどの場合フル充電にはならないので消費電力の少ないLEDを使用した方が点灯時間は長くなるでしょう。点灯するための回路はCDSセルを使用して暗くなると点灯するものが一般的で、中には赤外線集電センサを利用して人が通ったときに点灯するような回路も考えられます。

 

 

このようにいろいろな点灯方式がありますので、利用範囲は広く、ソーラー発電の部分を外に付ければ室内で廊下の足元灯や階段灯にも利用できそうです。ただし、LEDにかかる電圧や電流には十分な注意が必要です。少しでも定格値を超えてしまうと大幅にLEDの寿命が短くなるからです。このようにうまく使えばソーラー発電の効果を最大限に発揮することができるので、経済的な照明となります。また、外灯として利用すれば虫が寄らないので非常に有効です。

環境に配慮

| 未分類 |

今までの私たちは、豊かさを手に入れるために、技術を進歩させてきました。しかしこれからは、地球環境に配慮することに対して、技術を進歩させていかなければなりません。人間というのは地球以外の惑星に住むことはできません。ですので、地球が人間の住めない惑星になってしまったら、人間は生きてはいけません。確かに経済発展も大事ですが、まず自分が住んでる場所を汚さないことが大事です。現代人は電気がなければ一日、いや半日さえも生活はできないでしょう。今までの発電は発電量ばかりを重視して、環境に負荷をかけないという事をおろそかにしてきました。でもこれからは、環境に配慮した発電でなくてはなりません。太陽光発電のメリットはそこにあるのではないでしょうか。太陽光発電は、発電時に温室効果ガスである二酸化炭素も、生物にとって有害な放射線も発生しません。地球にも、人間にも優しい発電です。しかも太陽光という、言って見たらタダ同然のもので発電できるのです。これを使わないのは勿体無さすぎます。更に太陽光発電のメリットは、一般家庭でも発電できるという事です。今までの発電は発電所に完全に依存してきました。ですから発電所に問題が生じると、我々の生活に直に影響が出てしまっていました。

 

 

これからは発電所に頼らずに、自前で発電できるようにした方が良いです。太陽光発電は発電効率にやや難がありますが、これからの技術革新で改善されることでしょう。太陽光発電のメリットは、今までの発電にはなかったものばかりです。

ソーラー発電の効果

| 未分類 |

ソーラー発電とは、太陽光エネルギーを電気に変換する発電方法で、ソーラー発電の効果としてはコストの削減、環境問題に対する貢献、オール電化との相乗効果があります。まず、コストの削減に関してのソーラー発電の効果とは、光熱費を節約することができるということです。ソーラー発電システムを家庭に導入することで、太陽が昇っている昼間は電気は自宅で作り出すことが可能で、発電ができない夜は深夜電力を電力会社から購入する形になります。また、家庭で余った電力は電力会社へ販売することもできます。次に、ソーラー発電の効果として、環境問題に対する貢献があります。通常化石燃料を使った発電方法は、二酸化炭素や硫黄酸化物などを発生させます。これは地球温暖化や酸性雨の発生につながります。ソーラー発電は太陽エネルギーを元に電気を生み出すものなので、有害な物質も排出しないクリーンな発電方法です。

 

 

 

また、ソーラー発電の導入はオール電化との相乗効果が期待されます。オール電化とは、ガスを使わずに電気でお風呂を沸かしたりできるシステムのことです。オール電化には深夜時間帯の電気料金は安くなるという特徴があり、ソーラー発電には太陽が昇る日中に発電し、夜は深夜料金の電力買うという特徴があります。それぞれの特徴を生かして昼はソーラー発電で作られた電気を使用し、夜間は電力会社の電気を使用するといった形をとることで相乗効果が生まれ、電気料金の削減が可能です。ソーラー発電は導入コストが高いというのが難点でもあります。

再生エネルギーに対する志向はますます強くなっています。日本における住宅用の太陽光発電の歴史は、20年近くを経ていますが、太陽光発電の買取制度の再スタートにより、今後、さらに広がっていくことは間違いありません。 太陽光発電の基礎知識として、理解しておかなければならないことがいくつかあります。もっとも大事なことは、どんな製品にもあることですが、太陽電池自体に寿命があることです。太陽電池の寿命は、20年から30年程度です。メーカーによっては、25年の出力保証を出しているところもあります。ただし、パワーコンディショナーの寿命は、10年から15年程度といわれていますので、注意を要します。 また、太陽光発電の基礎知識として、メンテナンスも大事なことです。比較的、耐候性が強い製品ですが、普段は目にしない屋根などに設置されています。砂やほこり等は雨風で流されますが、鳥の糞などは取り除く必要があります。定期的に確認をする習慣をつけるべきでしょう。

 

 

他に、太陽光発電の基礎知識として注意しなければならないのが、太陽電池を取り付けた屋根面などのメンテナンスです。不良施工により、屋根からの漏水事例もあります。屋根に直接取り付けない架台を介しての取付法法もありますが、既存の屋根面等の状態を常に確認している必要があります。特に、架台を経由して取り付けた場合、住宅用の太陽光発電でも、架台を含めると4kw未満の太陽電池でも重量が1トン以上になります。元々、荷重を設定して建設していれば良いのですが、後から太陽電池を取り付けた場合は、構造等の確認をしなければなりません。