コストの面から一目瞭然

| 未分類 |

国家的に使うにしろ、家庭に導入して使うにしろ、太陽光発電の必要性はコストパフォーマンスから考えたときに一目瞭然となります。原子力発電が使えなくなったと仮定したとき、一番最初にその代替として候補にあげられたのは火力発電でした。火力発電は、稼働率を高めれば原子力には及ばないもののそれに近いエネルギーを生み出せるとわかっていたからです。しかし、それは現実的な問題として出来ないということも事実としてわかっています。火力発電の一番の問題点は、資源の問題なのです。日本には全くと言って良いほど資源がありません。では、その資源をどこから持ってくるかと問われれば、外国に頼るしかないとしか返答できなくなります。実際、外国に頼った資源導入を試みた2011年から2012年の間で、なんと数千億円もの貿易赤字をたたき出してしまいました。これは戦後、60年以上もずっと守り続けた貿易神話の崩壊で歴史的な大打撃となってしまったわけです。そして、その負担を強いられているのが日常生活を送っている日本国民なのです。このような流れで、外国に資源依存することがいかに恐ろしいかということを理解した専門家の方々が、ようやく太陽光発電の必要性に気づいたわけです。

 

 

太陽光発電のエネルギーは自然から貰う再生可能エネルギーです。つまり、資源に関する不安がまるでありません。しかも、この太陽光発電は一般家庭にも容易に導入でき、今以上の効率的な発電システムが開発されれば、毎日の電気料金が全て無料になる、などという夢のような話も現実となるかもしれないのです。太陽光発電の必要性については、現在では疑う余地もありません。この発電システムの向上こそが、国民をより豊かにする素晴らしい方法なのです。