ソーラー発電の必要性について

| 未分類 |

近年、ソーラー発電を取り入れた建物がどんどん増えています。日本に限らず、世界的に言えることですが、人類は石油や天然ガス等をエネルギー源として大量に使用してきました。太陽エネルギーにより約2億年かかって蓄えられた、この化石燃料を、今後200年以内に使いきろうとしています。また、地球温暖化の原因でもある温室効果ガス。これは化石燃料の使用による、排出ガスが原因のひとつです。問題は、化石燃料の枯渇だけでなく、化石燃料を燃やすことによって生じる二酸化炭素や硫黄酸化物の増加により、地球環境の危機にまで広がっています。そういった状況が叫ばれる中、ソーラー発電の必要性が世の中に広がっていったのです。ソーラー発電の必要性は言うまでもありませんが、現時点の問題として、ソーラー発電の導入にはかなりの費用がかかるのも事実です。実際に見積りを出してみて諦めてしまう人たちも少なくありません。

 

 

しかし、ソーラー発電の導入に向け、国からの補助金制度が設けられています。また、各メーカーも企業努力を重ね、少しでもたくさんの建物にソーラー発電の設置が可能になるよう、働きかけています。実際にソーラー発電の必要性を感じ、設置を決めた人たちは、とにかく電気代の下がり方に驚かれると言います。もちろん自家消費を上回った発電電力は、電力会社へ売ることも可能です。夜間や雨の日は通常通り電力会社から購入し、上手に電気と付き合っていくことが可能です。