環境に配慮

| 未分類 |

今までの私たちは、豊かさを手に入れるために、技術を進歩させてきました。しかしこれからは、地球環境に配慮することに対して、技術を進歩させていかなければなりません。人間というのは地球以外の惑星に住むことはできません。ですので、地球が人間の住めない惑星になってしまったら、人間は生きてはいけません。確かに経済発展も大事ですが、まず自分が住んでる場所を汚さないことが大事です。現代人は電気がなければ一日、いや半日さえも生活はできないでしょう。今までの発電は発電量ばかりを重視して、環境に負荷をかけないという事をおろそかにしてきました。でもこれからは、環境に配慮した発電でなくてはなりません。太陽光発電のメリットはそこにあるのではないでしょうか。太陽光発電は、発電時に温室効果ガスである二酸化炭素も、生物にとって有害な放射線も発生しません。地球にも、人間にも優しい発電です。しかも太陽光という、言って見たらタダ同然のもので発電できるのです。これを使わないのは勿体無さすぎます。更に太陽光発電のメリットは、一般家庭でも発電できるという事です。今までの発電は発電所に完全に依存してきました。ですから発電所に問題が生じると、我々の生活に直に影響が出てしまっていました。

 

 

これからは発電所に頼らずに、自前で発電できるようにした方が良いです。太陽光発電は発電効率にやや難がありますが、これからの技術革新で改善されることでしょう。太陽光発電のメリットは、今までの発電にはなかったものばかりです。