照明の電源としてのソーラー発電の効果

| 未分類 |

ソーラー発電の効果を引き出すにはLED照明の電源として使用することが考えられます。LEDは消費電力が少なく、点灯させるための電圧も白色LEDで3V程度なので、ソーラー発電で点灯させるのには適しています。最近ではLEDもだいぶ明るくなっていますので、さまざまな利用法方があり、ガーデンライトなどソーラー発電と組み合わせて販売している商品も比較的安価で売られています。照明として利用する場合は、当然ですが夜間に利用するので、ソーラー発電の効果がない時間帯です。よって日中帯に発電した電力をバッテリーや充電池に充電する必要があります。ただし、ほとんどの場合フル充電にはならないので消費電力の少ないLEDを使用した方が点灯時間は長くなるでしょう。点灯するための回路はCDSセルを使用して暗くなると点灯するものが一般的で、中には赤外線集電センサを利用して人が通ったときに点灯するような回路も考えられます。

 

 

このようにいろいろな点灯方式がありますので、利用範囲は広く、ソーラー発電の部分を外に付ければ室内で廊下の足元灯や階段灯にも利用できそうです。ただし、LEDにかかる電圧や電流には十分な注意が必要です。少しでも定格値を超えてしまうと大幅にLEDの寿命が短くなるからです。このようにうまく使えばソーラー発電の効果を最大限に発揮することができるので、経済的な照明となります。また、外灯として利用すれば虫が寄らないので非常に有効です。