ソーラー発電の効果

| 未分類 |

ソーラー発電とは、太陽光エネルギーを電気に変換する発電方法で、ソーラー発電の効果としてはコストの削減、環境問題に対する貢献、オール電化との相乗効果があります。まず、コストの削減に関してのソーラー発電の効果とは、光熱費を節約することができるということです。ソーラー発電システムを家庭に導入することで、太陽が昇っている昼間は電気は自宅で作り出すことが可能で、発電ができない夜は深夜電力を電力会社から購入する形になります。また、家庭で余った電力は電力会社へ販売することもできます。次に、ソーラー発電の効果として、環境問題に対する貢献があります。通常化石燃料を使った発電方法は、二酸化炭素や硫黄酸化物などを発生させます。これは地球温暖化や酸性雨の発生につながります。ソーラー発電は太陽エネルギーを元に電気を生み出すものなので、有害な物質も排出しないクリーンな発電方法です。

 

 

 

また、ソーラー発電の導入はオール電化との相乗効果が期待されます。オール電化とは、ガスを使わずに電気でお風呂を沸かしたりできるシステムのことです。オール電化には深夜時間帯の電気料金は安くなるという特徴があり、ソーラー発電には太陽が昇る日中に発電し、夜は深夜料金の電力買うという特徴があります。それぞれの特徴を生かして昼はソーラー発電で作られた電気を使用し、夜間は電力会社の電気を使用するといった形をとることで相乗効果が生まれ、電気料金の削減が可能です。ソーラー発電は導入コストが高いというのが難点でもあります。